世界の自然環境を見つめ、常にその将来を憂いながら環境問題意識を世に訴え続けている世界的アルピニスト野口健氏。野口氏は環境問題だけでなく、マナスルでの村人との触れ合いを通じて、世界の教育機会に恵まれない子供たちにも目を向けています。
この野口氏の活動(マナスル基金:NPO法人 セブンサミッツ持続社会機構)を通じて、日本ナチュロックはナチュロック溶岩ジュエリーの売上金の一部を寄贈します。この寄付金は、世界の恵まれない子供たちの学校建設等に役立てられます。ナチュロック溶岩ジュエリーは、身に着けていただくことで地球を救う活動にも役立てられます。


マナスルとは、ヒマラヤにそびえる8000メートル峰の14座の一つであるマナスル峰(8,163m)を指します。日本人にとって縁の深い山です。1956年、槙有恒氏率いる日本山岳会登山隊隊員・今西寿雄氏により、世界で初めてその頂上を踏む事ができた記念すべき山であり、それ以降、地元サマ村の人々はマナスル峰を「ジャパニーズ・マウンテン」と呼び親しんでいます。

マナスル峰の初登頂から50周年の記念にあたる2006年、野口健氏は、マナスルでの活動後、サマ村にて、村人達の大変な歓迎を受けました。野口氏の行なった清掃登山に影響を受け、村人による村の一斉清掃などが行われ、野口隊隊員とも友好関係を築きました。

私たち日本人が何かできるのではないか。

しかし、一見友好的で明るい村のように見えるサマ村もさまざまな問題を抱えています。その一つが、教育です。村に一つある学校は全寮制です。サマ村は、経済的に大変貧しく、全寮制にしなくては貧しい家庭の親たちは、学校に通うより家の手伝いをすることを強いり、子ども達は学校に通えなくなってしまうからです。しかし、その寮もまるで馬小屋のようで、とても勉強する環境ではありません。寝泊りできる人数もぜんぜん足りないのです。

子どもたちが将来の夢を描けるような支援活動を。

サマ村の問題を目の当たりにした野口氏は、「日本人が何かできるのではないか。」と考え「マナスル基金」を立ち上げました。「マナスル基金」はサマ村での教育環境の改善・充実を図り、子ども達が勉強に励める環境を整えます。

下記は野口氏のメッセージです。
「教育は子ども達に将来の職業の選択を増やし、夢を与えます。将来的には、環境の大切さを教える教育も与え、ネパールの持つ素晴らしさを教えていければと思います。」
(NPO法人 セブンサミッツ持続社会機構より抜粋)

NPO法人 セブンサミッツ持続社会機構

野口健氏
マナスル基金
野口健氏